合唱指導における発声練習

スポンサーリンク

小学校や中学生で歌歌うときには合唱指導が必要になります。
この指導のときにはいろいろなポイントをしっかりと押さえて行うと一気に発声がよくなります。
発声が良くなると歌声も良くなり、合唱においては声のハーモニーもよくすることができます。
発声をよくするためには発声練習をしなければいけません。
声は体のいろいろな筋肉を利用して出します。
この筋肉は運動の時の同じようにいきなり動かしてすぐに鍛えることができるようなものではなく、継続的に練習をすることによって鍛えることができるようになります。
そのため、合唱指導は数回の練習で行うようなものではなく長期的なビジョンを持ってトレーニングをしていくことが大切になってきます。

スポンサーリンク

 

合唱指導で声をしっかりと出すことができるように行う練習が発声練習です。
発声練習も毎回の合唱指導のときに練習をしたり、毎日短い時間でも練習したりすることが大切です。
発声練習のポイントは、しっかりと声を出すことができるように口の周りの筋肉や喉の筋肉を鍛えていくのが大切になります。
そして、喉から声を出すのではなく腹声を出すことができるようにトレーニングをしていきます。
発声練習のための言葉であったり、メロディーがあるので、これを活用すると便利です。
音を取っていくよりも声を出していくことをポイントにして練習をします。
こうした練習を繰り返していくことによって声が大きくなり、しっかりと発音をすることができるようになります。

スポンサーリンク