高齢者の発声練習方法

スポンサーリンク

最近ではカラオケが普及したこともあって、歌を楽しむ高齢者の方がとても多くなりました。
歌を歌うことや声を出すことは、脳の働きをよくし老化を防ぎます。
また、全身の血行がよくなるため身体の調子もよくなり、心まで元気になります。
歌をもっと上手に歌うためにも、発声練習をして声を鍛えていきましょう。
難しい内容ではないので気楽に行うとよいと思います。
声を出す練習と平行して、リズム感を鍛える練習なども行うとさらに効果が高いです。
楽器や、好きな歌などに合わせて手をたたいたり、身体を動かしたりするだけでリズム感は鍛えられます。
好きな歌を楽しむだけで脳や心によい影響がありますから、無理のない範囲で音楽を楽しみつつ、リズム感を身につけましょう。

スポンサーリンク

 

高齢者の方が発声練習を始めるにあたって、まずは言葉の発音をはっきりさせる練習を行うとよいです。
口まわりの筋肉を鍛えることで、よりはきはきとした発音ができるようになります。
「マ」や「パ」、「タ」など、はっきりと唇や舌を動かせる音を続けて発声してみてください。
慣れてきたら声を大きくし、少しずつ長く伸ばすようにしてみましょう。
声を長く伸ばすと腹式呼吸が促進されるのでおすすめですが、無理は禁物です。
苦しくならない程度に行いましょう。
声に震えや音のズレが見られる場合、ピアノなどの音程に合わせるようにして一定の音階を発声してみるとよいです。
最初は効果が現れなくても、徐々に喉や口まわりの筋肉が鍛えられ、しっかりと発声できるようになります。

スポンサーリンク