アナウンサーを目指す人は発声練習で早口言葉を行うと良いです

スポンサーリンク

アナウンサーで最も重要なのは滑舌です。
より良く上達するためには様々な発声練習をする必要があります。
なかでも良く行われているのが、早口言葉や発生しにくい言葉や文章を読む練習です。
アナウンサーは生放送が多いので、何度も躓いてしまうと視聴者は肝心な内容が頭に入ってこないで、間違えた数ばかりが気になってしまうので注意が必要です。
また、限られた時間内ではっきりと読まなければならないので、早口になり過ぎないようにスピード調整もしなければなりません。
そのため、早口言葉を言えるようになる練習とともに、大きな声ではっきり発音する発声練習も並行して行った方が良いでしょう。
良いアナウンサーは、容姿はもちろんですがこのあたりの能力に秀でた人が多いです。

スポンサーリンク

 

もうひとつ重要な事が、常に平常心を保ち冷静に対処する能力です。
新人などは、慣れていないせいか突発的な事故が放送中におこると、頭が真っ白になってしまって正しいアナウンスができなくなることが時々あります。
生放送では決してそのようなことは許されないので、常にトラブルがあった時の対処法を考えて放送に臨むことが重要です。
また臨時ニュースなどで急きょ別の原稿がくる場合もあるので、速読する力も大切です。
普段から速読の練習も行いつつ発声練習もするようにしなくてはならないです。
余裕が出てくれば、コメンテイターと自然なやり取りができるようになりますが、そのレベルに達する頃にはその局のエース的存在になっていることでしょう。

スポンサーリンク