カラオケ直前には発声練習をしておきましょう

スポンサーリンク

さまざまなジャンルの曲を大きな声で歌うことのできるカラオケは、とても楽しいものです。
そのためついつい最初から全力で熱唱してしまい、声が続かなくなったり、喉を痛めてしまった経験はないでしょうか。
カラオケ直前にはひととおりの発声練習をしておきましょう。
そうすることで筋肉や声帯を目覚めさせ、歌う準備が整います。
発声練習をしてからカラオケに臨むのと、いきなり歌うのとでは、喉にかかる負担や声の出方に大きな差があります。
発声練習で声を使う前に、まずはストレッチをしておきましょう。
歌は喉だけでなく全身を使うものです。
ストレッチをして体の筋肉をほぐせば、楽な発声ができるようになります。
首、肩を回し、わきの筋肉などを伸ばして準備体操を行いましょう。

スポンサーリンク

 

カラオケ直前に行っておくとよい発声練習の具体的な方法を示します。
ストレッチが終わったら、「リップロール」を行いましょう。
リップロールとは、唇を息で振動させながら発声する練習方法です。
高音が出しやすくなるばかりか、喉へのマッサージ効果もあり一石二鳥です。
唇を合わせたまま息を吐き、「プルルル」と振動させます。
そのままさまざまな音階で声を出し、長く伸ばしましょう。
最初は上手くコツがつかめないかもしれませんが、慣れると簡単にできるようになるのでしっかり練習しましょう。
リップロールと類似の方法として「タングトリル」がありますが、これも同様の効果を得られるのでおすすめです。
次に、ロングトーンでひとつの音を長く伸ばす練習を行います。
ピアノに合わせて音階練習をするのもよいでしょう。
ここまで来れば声がほぐれ、歌う準備ができてくると思います。
いざ歌に入る際も、最初はなるべく脱力し、無理のない音域の歌から歌うことが大事です。

スポンサーリンク