発声練習を効果的に行うためのうがいの方法

スポンサーリンク

声をきれいに出すためには、発声練習をすることが大切です。
ただ、やみくもに発声練習をしてもあまり効果は得られません。
適切にのどのケアをしないと、かえってのどを痛めることになってしまいます。
声帯の保護のためにも、のどの潤いは大切です。
声を出している間にのどはどんどん乾燥していき、そのまま声を出し続けていると、声帯や咽頭にかかる負担は非常に大きくなっていきます。
場合によっては声帯が炎症を起こして、声が涸れてしまうことがあります。
ひどいときには、炎症が起きかけているのに声を無理やり出し続けることで、声帯に傷ができ、声が出なくなってしまうことがあります。
そうなると、数日から数カ月の間、ほとんど声を出せない状態になってしまいます。

スポンサーリンク

 

そのような事態を避けるためにも、のどのケアは重要です。
その方法として、練習中にこまめに水分を口に含み、のどの潤いを保つことは有効です。
そして、発声練習の前と後にうがいをすることもお勧めします。
うがいをすることで、のどの潤いを保つだけでなく、雑菌も洗い流すことができます。
声を出して疲労したのどに雑菌が多くいると、声帯の炎症や風邪につながりやすくなります。
もちろん、発声練習時だけでなく、外出からの帰宅後や就寝前、起床時など、なるべくこまめにうがいをするといいでしょう。
殺菌作用のあるうがい薬を使えば、声帯の炎症や風邪を防ぐことが期待できます。
発声練習できれいな声を磨き、維持するためには、このような方法が効果的です。

スポンサーリンク