割り箸を利用してトレーニングをすれば滑舌が良くなります

スポンサーリンク

滑舌が悪くて悩んでいる方は意外と多いのですが、その原因にはいくつかの理由が考えられます。
例えば歯並びが悪かったり舌足らずであったりすることによって、言葉を発声し辛くしてしまうことがあります。
ですが滑舌の悪さはトレーニングを行うことによって、大幅に改善させることができるのです。
滑舌を改善させるためには口の周りの筋肉を強化させることが必要です。
口の周りの筋肉は普段なかなか大きく動かす機会がないですので、鍛えることによって筋力がつきます。
簡単な方法としましては、まず「あ・い・う・え・お」の発声をする時に大袈裟に口を大きく開けて発声することです。
また、この5文字を発声することによって口の形を四方八方に動かすことができますので、偏りなく筋力を強化させることができます。

スポンサーリンク

 

「あ・い・う・え・お」の発声を行う際に、更に効率的に筋力をつけるための便利なアイテムもあります。
それは割り箸を利用することです。
割り箸を口角に当たるくらいまで深く口にくわえてから発声のトレーニングを行います。
割り箸がある分だけ負荷がかかりますので発声し辛くなりますが、こうすることによってもっと高い効果を得ることができます。
ですから発声し辛いからといって気を抜かずに、はっきりした発声をすることに集中して筋肉をしっかりと使うことが大切です。
何度もトレーニングを続けていくうちに、聞き取りやすい美しい滑舌を手に入れることができるようになります。
このトレーニングはアナウンサーを目指す方が行うこともある方法ですので、ぜひ試してみて下さい。

スポンサーリンク