鼻腔共鳴のための練習法

スポンサーリンク

鼻腔共鳴とは、鼻の空洞部分に発声された声が響くことをいいます。
鼻腔共鳴させた声は普通に発声した場合と異なり、深みのあるすばらしい響きをもっています。
さらに響きで声を増幅できるため声量がアップしたり、高音が楽に出せるようになったりといいことずくめなのです。
では、どう練習すればこの鼻腔共鳴ができるようになるのでしょうか。
まずは鼻に響かせるというイメージをもつことが大切です。
今まで喉だけで声を出してきた人はなかなか感覚が掴みにくいかもしれませんが、鼻腔は上咽頭のさらに上の方、鼻の奥にあります。
喉の力は抜いて、頭の上に声が届くようなイメージをもちましょう。
うまく共鳴できると鼻から頭にかけてビリビリと振動するので、分かりやすいと思います。

スポンサーリンク

 

さらに有効な練習方法として、ハミングがあります。
口を閉じた状態で、鼻に響かせることを意識して声を出す方法です。
いわゆる鼻歌と呼ばれるものですが、喉の力を抜いて鼻の奥の方に声を送るように行いましょう。
最初は無理のない音域で行いますが、慣れてきたら高音で発声してみてください。
さらに高い位置、頭の上の方にイメージをもっていくとよいでしょう。
また、口を開けた状態で前歯の少し上あたりを意識しながら声を出してみるのもよいです。
響きが悪いなと感じたら徐々に頭の上や鼻などに意識を移動させてみてください。
鼻が振動する感覚があれば鼻腔共鳴ができています。
息の量は多くせず、力まずに上半身をリラックスさせて行いましょう。

スポンサーリンク