通る声になるための発声練習方法

スポンサーリンク

通る声というのは声の圧力が高く、共鳴が多いという特徴があります。
そのため、通る声になるためには声の圧力を高めるための発声練習や声の共鳴を多くするための発声練習をすることが有効です。
声の圧力を高めるためには壁押し法という方法で発声練習を行います。
壁押し法の具体的な方法は以下のようになります。
まず、壁に向かって立ったら左右両方の手のひらを壁に当てます。
手のひらの位置はお腹ぐらいの高さにします。
次に、深く息を吸った後に壁を手のひらで押しながら「あっ、あっ」と声を出します。
この時、壁を押すタイミングと声を出すタイミングは合わせるようにします。
この発声練習によって声に力が加わったと感じたら、今度は壁を押さずに声を出してみます。
壁を押さなくても声に力が加わったと感じたら効果があったということです。
深く息を吸ってから壁を押すと腹圧が高まるので声に力が加わるようになります。
つまり、この発声練習には声の圧力を高める効果があるので通る声になるためには有効な方法なのです。

スポンサーリンク

声の共鳴を多くするためには共鳴発声法という方法で発生練習を行います。
歌っている時は声が共鳴しているので通る声と感じても、普段話している時は声が共鳴していないので通る声とは感じないことがあります。
共鳴発声法は歌うように話すことで普段話している声も通る声にする効果があります。
共鳴発声法の具体的な練習方法は以下のようになります。
まず、口蓋に当てるようなイメージで「イー」と声を出します。
口を開け過ぎないように注意しながら、口蓋の共鳴を感じるような感覚がつかめるまで声を出す練習を続けます。
その感覚をつかめたら母音を変えていき、全ての母音でその感覚がつかめたら次はセリフを話す練習を行います。
なれないうちはセリフを話す練習になった途端に共鳴が感じられなくなりますが、この発声練習を続けていれば無意識に声が共鳴するようになります。
定期的に声を録音して確認するというのも有効な方法です。
録音した自分の声を聞くと気になる部分がよくわかるので、その部分を集中的に練習できるようになります。

スポンサーリンク