ピアノを使った合唱の発声練習方法の基礎知識

スポンサーリンク

合唱を行なうときは、練習やウォーミングアップということで、発声練習を行なうことがあると想定されます。
突発的に合唱曲を用いて練習を行なうのも問題ありませんが、ベースである音階を魅力あるように出すため、声量を確保できるようになるため、発声練習は不可欠です。
しかしながら、発声練習と言ったとしてもたくさんの方法が見られます。
そのなかでいうまでもなく効果を発揮するのは、ピアノを介しての練習です。
しばしば、音楽授業で実践したことがある方法と思いますが、ピアノによって音程を照らし合わせながら、半音ごとにあげたりして非常に高い音を出してく形式です。
これが一般的な発声練習となっており、ピアノによって間違うことなく音を対比させながら自分自身のもたらす音を整えていくことができます。
何事に対してもベーシックな練習が必須だといわれますが、当然合唱練習も発声練習は踏み台となるものであるといえますので、重要なものということができます。

スポンサーリンク

半音ごとに挙げるだけではなく、あげた後に次は段々と音を下げ低音に戻すことも確かめながらしましょう。
上げて下げるまでが一式と思って練習方法に当たる方が効果抜群のようです。
仮に、ピアノによって音を見極めることが困難であれば、録音済みの音源を活用するのも良いでしょう。
これでありますと、ピアノが一切無い所でも発声練習が可能になりますし、大多数で音源を共有して、個々の練習に対しても生かせます。
合唱練習方法は、トータルで合わせて練習ももちろん大切ですが、パートごとの練習や、個人練習も非常に肝要になってきます。
こうしたときもベースとなる合唱の発声方法で手を抜くわけにはいかないことから、ピアノを基にしている音のチェックをしつこいくらいに実行するようにすると賢明でしょう。
当然、どんなことも基本を積み上げることはとても大切だと言えます。
その中にあっても、音を照合しながら合唱の調整することができるピアノに依存している発声方法は最も必須であるといえます。

スポンサーリンク