合唱前の発声練習方法

スポンサーリンク

合唱前に発声練習をすると言えば、声を出すものだ、というイメージを抱いている人が少なくありません。
 これは一面において事実です。
合唱をする以上、声を出すようにしなければならず、そのために発声練習をするのは有意義だからです。
 しかし、それを行うばかりではありません。
実は合唱前にする練習方法は他にもあるのです。
 ストレッチは血行を促進するので、合唱前にそれをやると効果を発揮します。
 このときほぐすべき部分は首や肩ばかりでなく、表情筋や腹筋など歌うのに必要な部分全般をその対象としましょう。
 大まかな目安として、それは10分ほどに留めましょう。
軽く運動をしたり、身体を叩いてみるのも効果的です。
 この方法を採用する場合は、指導者がきちんと監督するようにしましょう。
小さな子供が相手だと特に気を付ける必要があります。
 このように、合唱前に行う発声練習としては、身体を動かすことが有効なのです。
自分に向いている方法を見つけるようにしましょう。

スポンサーリンク

 合唱前に行う発声練習としては、お腹から声を出すようにする、というのもあります。
これはなるべく準備運動を終えた後にしましょう。
 声を思い切り出したり、息を大きく吐き出すことで、合唱に必要とされる筋肉を覚醒させるようにしましょう。
 こちらも10分を目処に行いましょう。
どのような練習方法も長引かせるのばかりが芸ではありません。
メリハリをつけることもまた大切なのです。
 声を思い切りだした後は、課題について触れるようにしましょう。
これは合唱とは個人技ではなく、集団競技としての意味合いが強いからです。
 合唱前に何に気を付ければよいのか、理想とされるものは何なのかを確認するだけでも、かなり有意義なのです。
 このとき、指導者が各自に適した発声練習を指導するのも大切です。
自宅などで行える方法を示しましょう。
 発声練習は毎日続けることに意味があります。
何となく間隔を開けてやるようでは上達が望めません。
 どの方法を採用するにしても、明確な目標を持つようにしましょう。

スポンサーリンク