ボイストレーニング、自宅でペットボトルを使うと

スポンサーリンク

ボイストレーニングとは、先生に見てもらうため高額なお金がかかりがちだというイメージが付き物ですが、無料でしかも自宅で、ペットボトルを使うだけでボイストレーニングを行う方法があります。
ペットボトルは、自動販売機でジュースを飲み干した後にタダで手に入るので、あまりお金がかかりません。
ペットボトルを使ったボイストレーニング方法として、まずは息を思い切り吐いてから、ペットボトルを吸うことで肺活量を鍛えることができます。
最初のうちはなかなかへこむことが無いですが、毎日積み重ねていくうちに、次第にへこんできます。
自宅で誰にも邪魔されず行えるので初歩的な方法としてとても人気です。
自宅の自分の部屋でこっそり行うことも出来ますので、近所迷惑になる事もなく、穏やかにボイストレーニングを行えます。
だんだん慣れてきたら大きなペットボトルを用意して、自分の限界に挑戦することで、だんだんと肺活量が鍛えられてくるので、実感できます。

スポンサーリンク

ボイストレーニングは高額なイメージがあるけど、頭を使ったり自分自身なりに工夫を行うことで、自宅で簡単に行うことができます。
むしろお金をかけたからいい声が出せるというわけでも無いので、まずは自宅でペットボトルを使った肺活量を鍛える方法から行うのがいいです。
肺活量を鍛えることで、歌う時に凄く有利になるので、基礎の基礎が出来ていない人は、オーディションなどで落とされてしまいます。
落とされないためにも、自宅でボイストレーニングを行うことで、自分なりの練習をすることができます。
一人でボイストレーニングを行うのは心配だという人は、友達と一緒に行ったり、家族の指導の元行うことで徐々に歌が上手くなります。
自宅でできない場合は、カラオケ屋に行き、思い切り声を出すことも出来ます。
お金が無いから何もできないという考えをする前に無料でもたくさん自分のタメになる方法はあります。
無料の物を使い、発声練習や肺活量を鍛えることで、歌が向上します。

スポンサーリンク