自宅で出来るボイストレーニングと話し方の方法について

スポンサーリンク

自宅で出来るボイストレーニングについては様々な方法があります。
例えば腹式呼吸を鍛えることによって力強く持続的な声を発することができます。
腹式呼吸の方法は腹筋を鍛える方法が有益です。
毎日継続することが重要となります。
途中で投げ出すと効果が薄くなってしまうため注意をしましょう。
また自宅で可能なボイストレーニングとして挙げられるのは、ペットボトルを使用しての練習です。
これは空の容器に思いきり空気を吸い込む方法です。
ペットボトルが潰れるまで空気を吸い込んだ後に、思いきり大声を出すことによって力強い声になります。
慣れない間はペットボトルが潰れるまで空気を吸い込むのは難しい事もありますが、自宅での日々の訓練によって良いボイストレーニングになります。
また目標を持って練習することも重要です。
そのため日々のボイストレーニングの練習メモを記録しておくことを推奨します。
また全身の筋肉を鍛えることによって力強い話し方になります。

スポンサーリンク

自宅で出来るボイストレーニングとしては、課題曲に合わせて発声練習をする方法があります。
自分な好きな曲に合わせて歌う事によって、やる気も向上します。
また、上手な話し方をする人の声をテープに録音して、それを自宅で聞いてその話し方を真似する方法も有効です。
この際、上手な話し方をする人の息継ぎの方法やテンポなどを真似する事を推奨します。
また自宅にピアノがある人は、ピアノの音程に合わせて声を出すことも良いボイストレーニングになります。
話し方を鍛える方法としては滑舌を良くする事が挙げられます。
そのためには新聞や小説などの活字を丁寧に音読する事が有効です。
音読をする事によって、他人から聞き取りやすい話し方になります。
また音読は脳の活性化にもつながります。
自宅で可能なボイストレーニングとしては、自分が発することが出来る高音と低音を交互に発声する手段があります。
この際に、それぞれ何秒間持続的に声を発することが出来るかタイムを計る事を推奨します。

スポンサーリンク