合唱できれいな高音を歌うための発声練習とは

スポンサーリンク

趣味として合唱を楽しむ方は多いと思います。
合唱は歌うことで深い呼吸ができ、体の筋肉も適度に使うことができるので、健康のためにも良い趣味です。
ただ、ふだん出さないような高音域を出すのは難しいもの。
歌の高音域というのは、喋る時には使わない高い音ですから、中々うまく出なくて当然と言えます。
そんなときに大切なのが発声練習です。
発声練習を適切に繰り返すうちに、自然に高音域が楽に出るようになっていきます。
低い音がどこまで出せるかというのは、声帯や体格など個人的な違いの影響が大きく、練習しても低音域を伸ばすことは難しいそうですが、逆に、高音域というのは、練習次第で大きく伸びる余地があります。
もちろん個人差はありますが、ごく普通のソプラノの音域は、どなたでも楽に出せるようになる可能性があるのです。

スポンサーリンク

 

高音域をきれいに歌うために、一番大切なのは上半身の力をぬくことです。
のどに力をこめてはいけません。
のどを楽にし、首回りや肩の力をぬき、顎にも力が入らないようにします。
代わりに、下半身はしっかりと支えの力を入れます。
太ももをぎゅっと締め、お尻の筋肉もぎゅっと締め、腹筋と背筋をぐっとせりだすようにはります。
地面にどっしり根を下ろすような感覚です。
そして、上半身は、天に向かって伸びていくようにイメージします。
また、声の出ていく場所もイメージします。
声はもちろん口から出るものですが、高い声の場合、額から細く抜けて出ていくようにイメージすると、きれいな響きが得られます。
この状態で高い音を出してみましょう。
大きな声ではなく、初めはなるべく小さく柔らかな声で、無理のない出し方をつかみましょう。
お腹の底から肺、気管支、のど、鼻と、一本のパイプが通っているように感じながら、額に音を響かせてみましょう。
うまくできるようになってきたら、低い音から高い音に移る練習もしてみましょう。
音が急に高くなると、ついのどに力を入れてしまいがちですが、決してのどに力を入れてはいけません。
音が高くなるときには、背筋をぐっとふくらませるように、下半身に力を込めます。
このように意識して発声練習を続けることで、高い音域も無理なく出せるようになっていきます。

スポンサーリンク