合唱で発声練習をするときに気を付けること(とくに低音)

スポンサーリンク

合唱の屋台骨を支えるパート、それが低音です。
誰にでも出せるわけではない低い大声はそれだけでも魅力的ですね。
では、低音の発声練習はどのようにしたらよいのでしょうか。
和音の中でもベースは曲全体の骨格ともいえるパートで、ここがしっかりしていないと線の細い、薄っぺらな合唱になってしまいます。
音に厚みを出すためにも、重要なパートといえるでしょう。
発声練習は、胸に音を響かせるような練習が主体となります。
まずは体操を行って、体の緊張をほぐし、リラックスした状態で練習をしましょう。
また、身体トレーニングをして、厚みのある声を出すための体作りをすることもかかせません。
声量のある声を作り出すためには、音を響かせやすいスピーカーをイメージした体を用意しましょう。

スポンサーリンク

 

さて、実践的な発声練習についてですが、まずは自分が出せる最も低い音より心持ち高い音から練習を始めます。
腹式呼吸を十分取り入れて、音を出していきましょう。
最初はそれほど大きな声を出す必要はありません。
のどに負担をかけないため、体全体で音を鳴らすようなイメージで声を出し、次第に大きな声を出せるように練習します。
その時注意しなければならないのは、息をたくさん吸いすぎないことです。
肺活量だけで大きな音を出そうとすると、すぐに息切れを起こしてしまいます。
大切なことは、体全体に音を共鳴させることです。
特に低音を出すときは頭からではなく、胸から音を出すような感じで発声練習をしてください。
高音が胸から頭に向かって出すとするならば、低音は胸からおなかに向かって出すという感じです。
このような感覚で十分な練習を行えば、合唱の縁の下の力持ちとしてすばらしい活躍ができることでしょう。

スポンサーリンク