発声練習〜あえいおう〜

スポンサーリンク

発声練習で「あえいおう」を使う場合はピアノがあるとよいです。
「あえいおう」の並びは「あ」で一番大きな口をあけて声を出します。
次の「え」では「あ」に比べると少し小さめに口をあけて声を出します。
「あえいおう」の順番はどんどん口の大きさが小さくなっていく順番に並んでいます。
最初の「あ」で大きく口をあけて声を出すことがポイントです。
ピアノがある場合は「ド」の音を5回出します。
ピアノの音に合わせて「あえいおう」と声に出して言います。
最初はゆっくり伸ばしながら発声練習を行います。
「ド」の音が終わったら「レ」の音を同じく5回出します。
少し音が上がるのでそのことを意識しながら声を出します。
「ド」の時と同様にゆっくりと伸ばしながら発声を行います。

スポンサーリンク

 

「レ」終わったら「ミ」の音というように1つの音が終わったら、また1つ音をあげて発声をしていきます。
低い「ド」から高い「ド」まで終わったらまた最初からスタートします。
ゆっくり伸ばして出していた声を、次は短くスタッカートをつけて発声を行います。
音は短くなりますがはっきりと聞こえるようにお腹から声を出します。
スタッカートも低い「ド」から高い「ド」までを行います。
声の大きさがどの音でも変わらないように注意が必要です。
響き方なども均等になるように声を出すことがポイントです。
ゆっくり伸ばすタイプでもスタッカートのタイプでものどから声を出すのではなくお腹から出すことを意識します。
お腹から声を出すことで一定の響き方になります。

スポンサーリンク