割り箸を使った発声練習の方法

スポンサーリンク

喉を開いて声を出すことは、発声において重要です。
しかし、上手くコツがつかめないまま無理に喉を開こうとすると、癖のある発声になってしまいかねません。
そこで、割り箸を使った発声練習を行えば、スムーズに正しい発声の感覚をつかむことができます。
割り箸トレーニングの方法はとても簡単です。
割り箸を2膳用意し、割らないまま縦の状態にして左右の奥歯ではさんで噛みます。
そのまま脱力して「あー」と発声します。
腹式呼吸を意識して、音を長く伸ばしましょう。
この方法ならば、高音まで発声練習を行っても喉を痛める心配がありません。
慣れてくればさまざまな言葉や音階で行えるようになるので、割り箸をはさんだまま普段自分が行っているボイストレーニングをしてみるのもいいですね。

スポンサーリンク

 

この練習は、正しい発声をするためにとても有効な方法です。
無理のない状態で喉を開くことができるため、癖のないはっきりとした声が楽に出るようになります。
くぐもった声、弱々しい声の人には特に効果があるでしょう。
喉が開くことにより腹式呼吸も促されるため、喉に負担をかけずに強い声が出るようになります。
また、響く声のためには共鳴が重要ですが、この発声練習では喉が開くため、口腔内に十分な共鳴スペースが確保されます。
そのおかげで声が共鳴しやすくなり、より響きのよい深みのある声を出すことができるのです。
さらに割り箸をはさみながら発音することで舌の筋肉が鍛えられ、滑舌が格段によくなります。
母音を意識して少し早口で発音すると、よりよい効果を得られるでしょう。

スポンサーリンク